誰にでも起こり得る刑事事件の体験談 その際の注意点

「電車内の痴漢事件」は刑法上は「強制わいせつ罪」という位置づけになる

ホーム

「刑事事件」と言いますと、自分には無縁だと考える人が多いようです。 実際、私自身もそうでしたが、しかしこうした事件というものは、決して他人事とは言い切れないものなのです。
そこで今回話したいのは、少し前に何かと話題になった冤罪事件の代表格とも言える「電車内の痴漢事件」についてです。これは刑法上は「強制わいせつ罪」という位置づけになりますが、多くの人が経験があるでしょう満員電車内で、時々起こる事件です。 もちろん実際に行われている件数も多い事件ですが、その中には明らかなる冤罪事件も存在します。
かく言います私自身も、そうした容疑をかけられた事があるのです。これは私の体験談ですが、その時の相手の女性は、背後から尻を触られたと言っていて、その犯人が私をなっていました。しかしそちらに背を向けて両手で手すりにつかまっていた私には、そんな行為は不可能でした。これは結局、そうした状況証拠もありまして、そのまま相手の勘違いという事で、話は済みましたが、中にはそうは簡単にはいかないケースも多いのです。

電車内で痴漢に疑われた場合、絶対に駅長室に行ってはいけない

そこでこのような場合に、絶対に気をつけておかなければならない事を、ここで言わせてもらいます。その時の私のように、状況証拠で相手の勘違いが判明し、相手が謝罪して済むような内容でしたら、特に問題はありませんが、もしそうならなかった場合、こういった電車内痴漢という問題は、大抵の場合は、次の駅で降りてそしてそのまま駅長室に行くという風になるものです。
しかしもしあなたがそのような状況になりましたら、このような場合には、絶対に「駅長室に行ってはいけません」。こういう場合、自分にやましい事がないのだからと、そのまま相手や駅員が言う通りに、素直に駅長室に行ってしまう人が多いようですが、これをしてしますと、ほとんど有罪が確定する事になってしまうからです。

一度逮捕となれば、まず確実に犯罪者に仕立て上げられる

はっきり言いまして、有罪というものは、そうした現場責任者の管轄で、勝手に作られるものなのです。これは警察の事情聴取でもそうですが、取調べは必ず、その対象である被疑者を犯罪人に仕立て上げる方向で、話を作るようになっています。日本の警察がもっとも嫌がるのは、「誤認逮捕等の不祥事」なのですから、一度逮捕となれば、「まず確実に犯罪者に仕立て上げられる」のです。
つまりここで素直に駅長室に行って、それで警察が呼ばれたら、ほぼ確実にあなたの有罪は確定します。そこでこのような事態になりましたら、絶対に駅長室には行かず、駅のホームで携帯を使い、すぐに弁護士を呼んで下さい。悪いようにはしないとか、そういった警察側の提案は、絶対に信用してはいけません。 そうしなければあなたが冤罪で、犯罪者にされる危険性が高いからです。